心遣い・コミュニケーション

扉の向こうは…

ある企業の部長と話をしていて「そうだな」と思ったことがあります。

「店の雰囲気ってお客様に伝わるんですよね」
とその部長が言われました。

今まで、店に入ったらその店の雰囲気がお客様に伝わるとは思っていたのですが、
お客様はたった一歩でその空間の雰囲気を感じ取るのだと改めてわかった。

雰囲気の良くない店の滞留時間は短くなります。
ですが、居心地が良いと長くなります。

ドアを入った瞬間に、店の「気」をお客様にどう感じていただけるか。
この一歩はとても、とても大切です。

お客様に、居心地の良い店と感じてもらうためにはどうしたらいいのでしょう。

それは、店側が、受け入れ態勢を持つということです。
暇な時、ベチャベチャと従業員同士が話をしていると、一歩で悪い雰囲気が伝わります。
従業員同士の人間関係の良し悪しや気持ちの持ち様も伝わってきます。
扉一つがどんなに大きな役割を担っているかという事を考えてみませんか。


Topページに戻る