接客者について

お客さまを感じるか感じないかで変わる接客

先日、あるスーパーに行った時のことです。

品出しをしているパートの方がいました。
その品出しをしているあたりに欲しい商品があったのですが、
その方が場所をふさいでいて取れません。
傍に行っても、動く気配がないので、
「すみませ〜ん」
とこちらから声を掛けました。

ですが、それこそ横に黙って移動するだけで、黙々と品出しを続行していました。
この方にとって、商品を購入するお客さまは、品出し時の邪魔な人でしかなさそうです。
商品を購入してもらえるお客様がいなくては、品出しをする必要がなくなるという
意識がないのです。
ただ並べているだけであれば、お客様が買おうが買うまいが関係ありません。

ですが、一人一人のお客様が購入する姿を見た時、思わず
「ありがとうございます」
と心を込めて言う人がいます。
その方は、ただ並べるのではなく、お客様に商品を買ってもらえるようにしたい
という気持ちが強いようです。

そのため、一人一人のお客様の行動に対して敏感に反応します。

また、上司になると売上数字には敏感なのですが、
一人一人のお客様が購入することに対して鈍感になる人がいます。
一人のお客様が購入する場面を見ても、あまり反応しません。

上司でも、一人一人のお客様に購入してもらえるので売上が上がると思っている人は、
店内でお客様に出会った時、スムーズに
「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」
という声掛けが出てきます。

何を意識して仕事をしているかで、お客様に対する対応が変わってくるのです。


Topページに戻る