経営者・教育担当者編   

実際にはできる

研修で、実際の場面を想定してロールプレイング(役割演技法)を行う時、
「現場では上手にできるのですが、こういう場面ではなかなかうまくいかなくって」
という人が必ずいます。

確かに、研修という場面では、緊張度も高い。
そういう意味では、実際にお客様に接している時の方が、リラックスしてできるかもしれません。

ですが、現場とロールプレイングと、どちらが上手にできるかというと一概に言えません。

実際の現場では慣れが生じていて、手抜きの状態が発生しやすいのです。
ですが、ロールプレイングでは、一つのことに集中して行うことができます。

研修よりも、現場の方が上手にでききると言う人は、
自分の評価を下げないように、まず先手で自己防衛をしているのではないでしょうか。

ベテランであっても、ロールプレイングの評価を素直に受け入れる人もいます。

「自分では気付かないうちに、変な癖が付いているのです。
 指摘されると、なるほどと頷くことばかりです」

テストのように、緊張の中でロールプレイングをすると失敗するのは当たり前の面はあります。
周囲の指摘を全て受け入れる必要はありませんが、ヒントはたくさんあります。

最初から、
「現場では、できています」
という姿勢では、自分が前進するためのメリットを得ることができないのでは、という気がします。 


Topページに戻る